森のお墓・いのちの森 

 
 森 の お 墓  
いのちの森 

 (商標登録4310763号)

 森をまもり、森にねむり、自然にかえる 
森のお墓・いのちの森   新ホームページへ  facebook
 
img_20160311-094113.jpg

いのちの森 広葉樹林

文部科学大臣認証・自然宗佛國寺の公益事業で

文部科学省から「生命森林基金・いのちの森」として認められています。


 
趣 意 書

森は いのち の ふるさと

 
荒廃した水源山間地の山を取得し、
生きとし生ける一切の生物の
いのちが円環する 生態系豊かな森をつくる
森のお墓・いのちの森千年事業

 

 

具 足 仏 心

人々はすべて仏心(慈悲深い心)を 心のなかに秘めている



 
国をささえる草の根(真民)の仏心を土台に、

国に寄りかからず、


国の補助金に頼らず、

経国済民の志無き政治家の力をかりず、

大企業から寄附金をもらわず、

草の根の仏心の力で

荒廃した水源山地の

森林を再生し、


山村を再建せん。


 
斯くの如き趣旨を以て


いのちの森建立勧進佛行を発願す。
 
願わくば、この一勧進僧の悲願ご諒察の上、

心ある人は心で、

力ある人は力で、

金のある人は金で、

知恵のある人は知恵で、

あなたのできることで、

ご助力賜らんことを乞い願ふ。合掌
 
平成十九年三月一日
 
勧進僧  佛國寺 黙雷

 

 

いのちの森建立勧進佛行 目的と行動 へ

  

 

水源の森を守る
森のお墓・いのちの森 概要

 


img_20160311-094243.jpg
いのちの森
商標登録第4310763号
平成11年9月3日特許庁長官認証

 

森のお墓・いのちの森は、平成26年12月24日、
文部科学大臣から宗教法人自然宗佛國寺の公益事業として認可されました。
 

宗教法人自然宗佛國寺 規則
第4章
(公益事業)
第34条 この法人は、次の事業を行う。
水源山間地の荒廃した山を取得し、生きとし生ける一切の
生物のいのちが円環する、生態系豊かな森をつくり、
森にねむり、自然にかえる森のお墓・いのちの森建立事業

 


 

1.事業主体
   <公益事業>生命森林基金・いのちの森
 
2.いのちの森 会員
  いのちの森の永代供養善根金を志納した人を
  「いのちの森 会員」という。

 
3.いのちの森・樹恩葬 
 
 (商標登録 第5602845号 平成25年7月26日特許庁長官認証)


img_20160815-155234.png


img_20160815-155315.jpg
 


4.いのちの森 森林構成
 

・ 御霊林 (神体山・樹恩山陵)

  いのちの森会員の「みたま」がねむる神山(霊山)として
  絶対に守らねばならぬ「神聖なる場所」。
 
・ 環境林 (広葉樹を導入し 混交林化を進める)
  
      いのちをささえる森をつくり、

      水をつくる水源涵養環境林の森づくり。
  (杉桧の人工林から針葉樹・広葉樹の混交林への転換)



 

混交林 の 現状
 
針葉樹だらけの人工林(杉・桧)に広葉樹を導入する

「混交林化」を目標に進めることは、

言葉として今や常識となっているが、

  然し、実際には具体的な森林現場において、

これが言葉の流布ほど

ひろがっていないというのが、
現状である。

 
い の ち が 蘇 る !
img_20160424-154908.jpg

いのちの森 水源涵養環境林

木と木の間隔を5m程に伐って、
大きく空間を開けると
枝が四方に2m以上伸び大径木に育ち、
その間に下草が生え広葉樹が自然に生えてくる。

とくに初期に生える広葉樹は 生長が早く治山効果を高める。
 
img_20140103-170403.jpg
 隣接地の民有林
人手が入らず放置された杉桧
(50〜60年生)の人工林

 
 文化林
  山と木と人の生命が「円融」(えんにゅう)することによって
  つくりあげられる「生命森林文化」の創造拠点。
 
 「自然」としての森林を畏れ、尊び、愛し、
  その森林の自然性を活かすことに人生の生きがいを見出し、
  心を豊かにするための森づくり。  



                                            *    円融(えんにゅう)
                               それぞれのものが、その立場をたもちながら
                            完全に一体となり、互に融け合いさまたげないこと。


 
 ・ 経済林(基本財産林)

   いのちの森会員の「みたま」を永代守護し
      供養するための資金を生み出す基本財産林の経営。

 @ 基本財産林の造林事業は、1期300年計画とする。

 A 造林事業に必要な資金は、
   いのちの森樹恩葬の永代供養善根金をあてる。
 
 B 基本財産林は、
   100年間天災その他いかなる事故あるも除伐以外
   樹木を伐採売却してはならない。

 C 101年目より毎年計画的に伐採し、
   300年周期で円環する森をつくる。


  備 考 基本財産林の現在の面積は、20町歩(20万u)で、 

              50年生から60年生の杉・桧林です。

img_20160311-104114.jpg  img_20160311-104839.jpg

           施業後のいのちの森
大胆な間伐で太陽の光が入り、下草が生え始めている。(平成20年8月)
 

 

 


4.森のお墓・いのちの森 の仕組み



(1)  神体山・樹恩山陵

ア) 樹恩山陵は、山そのものを神体とし、 
     いのちの森会員の「みたま」がねむる神山・霊山として、
    絶対に守られる「神聖なる場所」です。
 

 

イ)樹恩山陵は、
      いのちの森会員の「みたま」がねむる霊域ですから
  「入らずの山」(伐らずの山)とします。

ウ)樹恩山陵は、山・森・川そのままが森厳なる神殿であり、
  仏殿で、絶対おかすことのできない霊域ですから
      入山できる人は、
     会員とその親族、縁者及び仏縁者のみとします。

img_20160308-192333.jpg   img_20160308-192702.jpg

朽ちた樹木は 次世代の 生命のゆりかご



 エ)樹恩山陵は、水源の山全体を神体山として守る

       「合祀墓」です。

 

生きて森の守護者。
死んで森の守護神

として
水源の森にねむり、自然にかえる

 
   備考
    ・ 荒廃した水源山地の広葉樹の森(天然二次林)は、
      人の手で治療し、

      後は、山と木のもつ自然治癒力で
      20年、30年の年月をかけて

      森の健康を回復して行きます。
 
    ・ 荒廃した水源山地の広葉樹の森(天然二次林)
      の取得目標は、1,000haを計画しています。
 
    ・ 現在、いのちの森広葉樹林の山は、
      12ha(120,000m)で、
             治療をおえて岩山に網の目のように根を張り
      徐々に健康を回復しています。

 

 

 

(2) 入会金(永代供養善根金)えいだいくようぜんごんきん

 


(ア)  永代にわたって菩提を弔う供養料を 

           「永代供養善根金」 といいます。
 

 

      備考  ・善根(ぜんごん)=ぜんこん とも読む。

                  よい報いを受くべき善い業因。  
           善を樹の根にたとえていう。
           よい果報をもたらす行い。
           善を生ずるもと。功徳の種。  
          ・あらゆる善根は、慈悲心を根本と為す。

 

(イ)  永代供養善根金は、お一人  36万円

              ご夫妻は  52万円です。

 

(ウ)  永代供養善根金には、

    いのちの森の永代使用権と
          法号(戒名)、
      木の骨壺「無量寿」、
    久遠護持管理費が含まれています。
 
    この他に 管理費や年会費は 発生しません。


  


   

 備 考  

  •   法号授与
 
                   院号   道号法名
         □□ 院 ▽▽○○ 居士(大姉)
 
     ・ 法号は 法名、戒名ともいう。

     ・ 現今では、通常死者に対して
                   師僧から与えられた名と解しているが、
       本来は生前に授けられる。
       真の生き方の名前です。
 
      ・「本来の自己」(真実の自分)に目覚めて、
      今日只今を心豊かに充実して生きるための
                  人生の道しるべです。





  
  ・  杉の木の骨壺 「無量寿」 
       
    間伐した杉の木で作った
    木の骨壺に遺骨(遺灰)を納めて、
    森にねむり、自然にかえり土となり、
    次のいのちを育む ゆりかご となります。
      

                                                                 img_20130505-102751.jpg 
  木の骨壺「無量寿」               
                                         * 無量寿(むりょうじゅ)=永遠の生命。
                                                    永遠の寿命を持つものの意。

 

                     

 

(3) 入会金(永代供養善根金 )の 使途
 
  1. 水源山地の荒廃化がすすむ、
              天然二次林、 人工林(杉・桧林)の買収。
 
  2.「絶対守らねばならぬ」絶対的林地である
            神体山・樹恩山陵の
森厳なる神山霊山の環境を
            大切に守り保って行くための護持管理。

  3.会員の「みたま」(御霊)を永代守護し供養するための
    資金を生み出す「基本財産林」(杉・桧)の造林事業。
 
 
  4.いのちの森 の 森林環境整備事業及び、
           それに伴う附帯事業。

  5.
水源山地の 山を築き、育て、守る、
            山村集落共同体の再建。 

  6.林業技術の継承
   (山づくりは、人づくりに始まり、人づくりに終る)。
 
 
img_20131228-165550.jpg
いのちの森だからこそできる 健康な森づくり
 
・永代供養善根金のおかげで
   間伐材を搬出し、建築材として活かし切る。

 
img_20131228-170333.jpg
おおくの公有林・民有林の場合
・ 間伐材を搬出すると赤字になるので、
山に切り捨てたままになる。

 

5.入会金(永代供養善根金)がつくる生命豊かな水源の森
 
 
img_20160307-201345.jpg
間伐前の山
杉が密集し、
太陽の光が地面に入らず、暗い森。
草や広葉樹が
生えないと、
腐葉土ができにくく、動植物が生息できない      
 
間伐=主要林の健全な生育を助けるために、
立木の一部を切って適当な間隔をあけること。

 
img_20160307-201927.jpg  img_20160307-201833.jpg
       間伐中の山
大胆に間伐し、地面に太陽の光が入るようにする。
img_20160307-203138.jpg   img_20160307-203255.jpg
間伐材の搬出と山づくり

 



 
img_20160307-202551.jpg
間伐後三年の山
太陽の光が入ることで下草
や潅木が自生し、しっかり
地面をささえ、土壌が流れ
なくなっている。


 
img_20160307-204013.jpgimg_20160307-204105.jpg
いのちの森基本財産林 平成26年6月13日撮影


 
生命円環の森へ
 

永供養善根金の仏心の力で、生命が蘇った森では、 img_20160307-205848.jpg
水が湧きだし、                   
森林内の切り株も、                 平成28年2月27日撮影
枯れた木も、
一枚の枯れ葉も、
すべて次世代のゆりかごとなる。

                切り株や枯れ木や落葉は、
     やがて微生物によって分解され、                 
             多くの生命を宿し育む豊かな土となる。
               この栄養豊かな土が、樹木に活力を与える。

img_20160307-210641.jpg
 
こうして、荒廃した水源山地の森は、
徐々に健康を快復し、
多種多様な動植物が生息し、
生きとし生ける一切の生物のいのちが円環する
生きた森に近い状態まで体力を回復する。

 
切り株にはえた杉の幼樹(平成28年2月27日撮影)
img_20160307-211147.jpg
 
生きている森の中は、
熾烈な生存競争があり、
樹木どうしの競争に敗れた木は枯れていく。
 
しかし、枯死した木の跡地には、
芽生えが跡継ぎとなって生長を始める。
 
太陽の光を受けて急速に伸びていく。
多くの生物のいのちが円環しながら 
森は生き続けていく。
img_20160307-211658.jpg
img_20160307-211904.png img_20160307-211957.png
平成27年6月撮影      


 


 
 
 


 

                

 

 

 

 

公益事業

プロフィール画像
自然宗佛國寺 
文部科学大臣認証

・公益事業 1
1.生命森林基金

森のお墓いのちの森 
商標登録4310763号

・樹恩葬  
商標登録5602845号    
・公益事業2    
2.生命教育基金

・いのちの学校

・いのち薬・養生食
 商標登録5670146号
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数